オーガニックの日焼け止めの良い点

こんにちは。

昼間は外にでるのが辛い時期になりました。

紫外線もかなり、強くなっていますので、紫外線対策が大事ですね。

紫外線対策といえば「日焼け止め」。

★日焼け止めは肌の負担になるの?

肌を紫外線から守ってくれる日焼け止めですが、

その中で紫外線をブロックをしてくれるのは、

主に「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」という原料です。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出させます。

紫外線を吸収するスポンジを肌にのせているイメージになります。

紫外線散乱剤は言葉の通り、紫外線を反射・散乱させて皮膚を防御します。

ちょうど肌の上にUVカットのベールを巻くイメージですね。

このように、ベールよりもスポンジの方が紫外線を透過させない力があるように、

散乱剤と比較すると吸収剤の方がUV効果が高くなります。

対して、ベールの方がふんわり肌を守るように、肌への負担は散乱剤の方が軽くなる傾向があります。

テクスチャーは、散乱剤のほうは、白色の無機粉末を使用しているので、

肌の上にのせた時に「白浮き」して見える場合もあります。

一方、吸収剤は透明で、肌につけた時の感触が良くなる傾向があります。

最近は技術がすすみ、散乱剤入りでも白浮きしないものもあります。

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

★敏感肌の人は塗らない方がいいの?

敏感肌の人は肌のバリア機能が低下しているため、

ちょっとした刺激や紫外線でもダメージを受けやすくなっています。

日焼け止め(とくに紫外線吸収剤)が刺激となりやすいので、

ノンケミカルと言われる紫外線散乱剤を使用した、日焼け止めを使用することをおすすめします。

★よく聞くノンケミカルって何のこと?

ノンケミカルとは化学成分無配合という意味で、

紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めのこと。

肌に優しい紫外線散乱剤がメインで、主な成分は自然界に存在する酸化チタンなどが配合されています。

敏感肌の人はノンケミのものがオススメです。

●オーガニック日焼け止めの良い点をお話します!

オーガニック日焼け止めの良い点は、何と言っても低刺激であることです。

市販の日焼け止めには、「紫外線吸収剤」という防止剤が含まれていて、

肌荒れやかぶれを引き起こしてしまう可能性があります。

それに比べ、オーガニックの日焼け止めは、

ノンケミカルな「紫外線錯乱剤」という成分によって紫外線をガードしてくれる仕組み。

この成分は肌への負担が少なく、敏感肌の方や赤ちゃんでも使いやすいです。

(市販の日焼け止めに含まれる成分)

・紫外線吸収剤…肌に紫外線が定着する前に紫外線を吸収して外に放出させる石油由来の化学成分。

(オーガニックの日焼け止めに含まれる成分)

・紫外線錯乱剤…紫外線を反射させて肌を守る金属由来の成分。(化学成分ではない)

私はナチュラルグラッセやMIMCなどを使っています。

ナチュラグラッセ ピュアBBクリーム

ナチュラグラッセ メイクアップ クリーム

ナチュラグラッセ ファンデーション トルテ 【NO1】 レフィル

ヴェレダのUVなどもおすすめ。

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

 

どれもオーガニック&ナチュラルで、肌に優しい成分で作られています。

W洗顔不要、石けんで落とせるUV化粧品です。

日焼け止めは1年中必要なアイテム。

肌の負担にならないものを選びたいですね。

パックスナチュロン UVクリーム 45g/太陽油脂

 

■ナチュラルグラッセ
http://www.naturaglace.jp/belief/tabid/59/Default.aspx

■MIMC
http://www.mimc.co.jp/

■WELEDA(ヴェレダ)
http://www.weleda.jp/index.php

・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆

●ナチュラルフォレスト~オーガニックエステサロン~
東京都世田谷区玉川台1-5-14 用賀1514
用賀駅 徒歩5分
https://naturalforest.jp/