化粧品開発③防腐剤・パラベン

こんにちは☆

今日もmakiが思うことを、気ままに書いていきます。

【防腐剤・パラベン】

化粧品開発にあたり1か月半、防腐剤について悩みました。

化粧品開発への思い①をまずはお読みください

化粧品を腐らせないために、防腐剤に何を使うか、、、。

たくさん悩みました。

いまオーガニック認証機関でも、色々な認証があります。

ドイツのデメター、アメリカのUSDA、オーストラリアのACOなどは、

「合成界面活性剤」の使用は認めていません。

それ以外のBDIH,エコサート、コスメビオ、イチュア、コスモスなどは、

合成界面活性剤の一部使用を認めています。

防腐剤に関しては、

安息香酸、ソルビン酸、デヒドロ酢酸、ベンジルアルコールの使用は認められています。

この防腐剤、日本の旧表示指定成分に含まれるものばかりです。

アレルギーの危険性がある。という成分です。

安息香酸は発がん性が疑われていたりもします。

合成のものでも、地球上にあるものということで、

一部のエコサートや他の認証ではOKというものなどもあります。

合成のものは出来るだけ使いたくない。と考えると、植物の防腐剤となるのですが、

・レウコノストック/ダイコン根発酵エキス

・オリーブ葉エキス

・ヒノキチオ―ル

・ローズマリーエキス

・銀

・フェノキシエタノール

47443130_220x138.jpg

レウコノストック/ダイコン根発酵エキスを防腐剤に使おうかと思いましたが、

やはりこれだけだと、防腐効果が弱いとのことでした。

例えばこれにグレープフルーツ果実エキスなどもプラスすると、まだ防腐効果強まるようですが、

安定性があまり良くないと、言われました。

他のメーカーさんにも聞きましたが。同じような回答でした。

前は扱っていたけど、いまは扱っていない。というところも多かったです。

ヒノキチオールにしようかなと思いましたが、(ヒバから取れるもの)これも調べていくと、

毒性「催奇性」が認められるということでした。

メーカーさんに聞いたら、防腐剤に使う料は1%以下のごく少量。ほとんど毒性はないとのことでした。

今までトラブルになったことはないともいっていました。

そして植物だから、「安全」というのも違います。

アレルギーや敏感肌のかたには。植物に反応してしまうかたも多いです。

最近、サロンでも急に植物化粧品でアレルギーになってしまう方もいます。

植物のエキスに反応してしまうかたが増えてきています。

お肌が弱ってるのもありますね。

そしてパラベン。いままではかなり悪者にされてきましたが、

いまは安全性が認められています。

パラベンについてもかなり調べました。

パラベンフリーとして様々な化粧品が販売されていますが、

パラベンは入っていないということですが、他の防腐剤が必ず入っています。

化粧品は防腐剤が入っていなければ、腐ります。

夏なら1週間で腐ります。

腐らないために防腐剤をいれます。防腐剤を入れないことが一番ですが、

雑菌がわいた化粧品を使うより、極少量の防腐剤をいれたほうが安全だと思います。

カビは発ガン性の高い物質でありますので、

やはり最低限の防腐剤は必要だと思います。

パラベンフリーなのに腐らないで1年もつということは、他の防腐剤が入っています。

フェノキシエタノールなどが最近パラベンの変わりに使われているようです。

パラベンは少量で防腐作用があるようですが、フェノキシエタノ―ルに関しては

防腐作用が弱いので、パラベンの倍ぐらいの量を配合しないと防腐効果がないよう。

そう考えるとパラベンより毒性が強くなってしまうことも。

メーカーさんいわく、パラベンは肌に吸収されないので、敏感な方にも安心と言ってました。

アレルギーが出る確率は1000人に2人ぐらいとのこと。

パラベンでアレルギーがでる場合は他のものでも出る可能性がありますので、

防腐剤が配合されていないものを使うのがいいようです。

フランスでは、いまパラベンの代わりに使用している防腐剤で

アレルギーが多発するという問題が起きているようです。

いずれ、同じ問題が日本にもくる、もう起きているといわれています。

パラべンは、日本の旧表示指定成分にも含まれていますが、

古くから使われているのもあり、安全性は認められているとのこと。

パラベンは実は食品にも使われています。

添加物としてマーガリン、醤油、ソーセージ、ウインナー、油、アイス、生クリーム、炭酸飲料など、生活にいつもあるものの中に入っています。

●化粧品のパラベンは気にする人が多いですが、食品のパラベンを気にする人は少ないですね。
詳しくはコチラ↓

http://www.tamelis.net/paraben-free/food-additive.html

最近でてきた成分は、まだデータがないものもあるので安全性が分からないものもあるとのこと。

製造メーカーさんにも何軒か聞きましたが、

パラベンのほうが安全性が高いという方が多かったです。

パラベンフリーだとお肌に優しいのかな、と思いますが、

本当のことを知ると、そうではないということが分かります。

最近の成分に詳しいかたは、パラベンはお肌に安全な防腐剤というのを、

知っているかたも多いようです。

1か月半、悩みましたが。パラベンを防腐剤に使うことにしました。

●パラベンについて↓

http://mio816.xsrv.jp/paraben-3416

http://bihadacchi.com/ingredient/paraben.html


化粧品開発のつづきは
化粧品開発④合成界面活性剤
ナチュラルフォレスト~オーガニックエステサロン~
東京都世田谷区東京都世田谷区用賀2-41-13-302
https://naturalforest.jp/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA